水の分類



カンタンに分類してみました。
ご参照下さいませ。

水は全ての生命にとって、切っても切れない貴重な存在です。

だからこそ、自分にとって、最善と思われる安全な水を使いたいものです。




●イオン水●
 汚れを浄水した後に水に含まれるミネラルなどの成分を、電気分解して、プラスとマイナスの電極に分けたものです。アルカリ水と酸性水に分かれます。酸性水は飲用せずにお風呂用に使用されることが多く、ほとんどが捨て水となります。アルカリ水は、人間の身体の体液が弱酸性ということもあり、身体に良いと提唱されています。
 しかし、イオン水の問題点として、電気分解によりつくられるため、プラスとマイナスに分けるため、それぞれの電極に引き寄せられやすいミネラルが分別される為、含まれるミネラルの種類が偏ります。
 このようなアルカリイオン水を飲むと、たとえ人体に良いとされるミネラルが水中にあっても、酸性の成分はアルカリイオン水とは逆の電極に引き寄せられてしまうのでアルカリイオン水には含まれなくなり、特定のミネラル不足を引き起こす可能性があります。




●磁化水●
 マンションや一戸建ての水道管の根元に磁石を装着すると、磁石のエネルギーが水道水に伝わり、大きかったクラスターが細かく分解されて、「磁化水」というエネルギーを持つ水ができます。
 この磁化水はおいしく飲めますし、「磁化水」を食べ物につけると、これもまたおいしく食べられるようになります。また、クラスターが小さくなっているので、身体への吸収も良いのです。
 「磁化水」の問題点は、水道水に含まれる塩酸や次亜塩素酸、トリハロメタン、その他の有害物質がそのままで取り除かれていないことにあります。
 また、この水の持つエネルギーには、持続性と再現性がなく、数日で衰退していきます。食べ物をつけると、食べ物にエネルギーを取られて、やはり、エネルギーは衰えていきます。




● 鉱石(セラミック)水●
 鉱石を媒介としたエネルギーをもつ水のことです。
 例えば、その鉱石は、古代の藻類が化石化したオパタイトのようなものや、麦飯石、最近では、陶器の一種でもあるセラミックやトルマリン鉱石、また、クリスタルなどを使用される方もいらっしゃいます。
 そうすると、セラミックを媒体としたエネルギーウォーターも、この分類にあてはまります。
 こうしたエネルギーウォーターも浄水器タイプのものならば水道水に含まれる有害物質を除去できますが、そうでない場合は、磁化水と同じことになります。
 また、持っているエネルギーに永続性と再現性がなく、そのエネルギーは次第に衰えて弱まっていき、食べ物をつけると食べ物にエネルギーをとられて衰えていくことも磁化水と同じです。




●波動水
 波動水と言っても、たくさんの種類があります。個々の目的にあった波動コードのものをおすすめいたします。
 波動水は、エネルギーがあるなしということではなく、エネルギーを目的別につきとめた水のことです。
 文字通り、波動の良い水であり、その波動によって、病気の治療も期待できるものでもあります。コップ一杯の波動水がその症状を緩和していくこともあります。例えば、波動水には、「免疫の波動」・「ストレスの波動」・「アレルギーの波動」・「アトピーの波動」などの検査項目があります。
 それらの波動コードが、それぞれに対してどれだけの数値であるということで判定し、数値の違いによって、効果に差が出てくるものです。
 昔から、名水と言われる水は、各項目の波動コードが高く、実際に病気が治ったり奇跡が起きたりなどという話はあとがたちません。
 波動水の問題は、使用目的が限定される上、磁化水や鉱石(セラミックなども含む)によるエネルギー・ウォーターと同様、持っているエネルギーに永続性や再現性がなく、次第にエネルギーが衰えていくことです。




●深層水
 水深200メートル以上の深海からくみ上げた水で、クラスターは普通の水に比べると小さいと言えます。
 水中は、10メートルごとに一気圧ずつ大きくなっていきます。そうすると、物理的に圧力によって、クラスターが壊されたということも考えられます。
 しかし、エネルギーはありません。 





●ミネラル水
 市販のミネラルウォーターには、有害物質など混入されていない分、安心です。しかし、残念ながら、水自体にエネルギーはありません。また、経済的にも負担がかかり、調理や生活用水としてお風呂などに大量に使用したりすることも困難です。
 市販でミネラルウォーターを買った場合、2リットルで約200円。一人の人間が調理や飲料水として1日1本使用するとして、1ヶ月30本で6,000円。1年だと365日、ざっと計算しても、年間で約73,000円ということになります。これでは、家族全員の分を考えると、かなりの経済的な負担があります。
 最近では、今迄は安心と思われていた大手のミネラル水でさえ、雑菌混入などにより、商品回収などありました。




●素粒水●
 近年になり、水の分子運動が減衰しない技術が開発されました。通常の水でも一秒間に1億回〜2億回の振動がありますが、素粒水は通常の水の100兆倍の振動があると推定されています。
 そして、この分子運動が滝の原理となってマイナスイオンを発生させるのです。さらに、素粒水は自らの分子運動エネルギーを半永久的に持続します。この「水」こそ、地球誕生の時から存在した水であり、原子微生物を育んだエネルギーあふれる水なのです。 
 『ダイオキシン』『トリハロメタン』などの有害物質を98%〜99%分解・除去します。これは検査機間によりデータ証明され、水質検査報告書・試験結果報告書もでています。通常の浄水器では、トリハロメタンなどの除去は吸着やろ過方式で行われています。つまり備長炭などで作った吸着剤やフィルターなどで吸着させて除去するのですが、吸着方式で除去すると通水量が多くなると共に吸着剤が劣化し、除去能力が低下します。しかし、この素粒水がダイオキシン等を『分解』するので、通水量がふえても分解(除去)能力が落ちないのです。
 
再現性があるだけでなく、エネルギーも持続し、環境にも、身体にも、良い命の水ということが言えます。
 ご興味のある方は、ぜひ、奇跡の水のページをご参照下さいませ。






最終更新日: 2009/01/01



※このサイトの内容の著作権は、ARATI-WORLDにありますので無断での転用を禁じます。

since 1/Jan/2002

Copyright(c)2002-2016 by ARATI-WORLD All Rights Reserved.