水のチェック機能




●細胞や組織の異常のチェック機能●


 先に人体の70〜80%が水であるということを述べましたが、

例えば人体の70%が水ならば、50キロの成人なら、35キロが水の重たさとなるわけです。

それに対して、子供はもう少し水のパーセンテージが高くなり、

生後1ヶ月足らずの赤ちゃんだと、なんと体重の80%までもが水なのです。

こうした私たちの体内の多量の水は、いつも全身を駆け回って、

細胞や組織の異状の有無をチェックし、それを記憶し、

正常に戻す為にはどこへ伝達すべきかを読み取るのです。

まるで、パソコンのウィルスチェックをするウィルスバスターのようですね!

体重の70%までが水。

それでは量にするとどれくらいかといえば、

普通の成人男性で40〜50リットルということになります。


私たちは毎日、飲む水プラス食物内の水分で2・5リットルの水を体内に入れ、

尿や汗で同量の2・5リットルを排出していますから、

体内の水はいつも50リットル前後に保たれています。

この50リットルの生体水は、腎臓で1日6回も浄化、

再生されて体内を回っているわけです。

ちなみに、腎臓では1日で最大200リットルもの水が循環します。

人体の巨大の汚水処理工場といわれるゆえんでしょう。








最終更新日:
 2009/01/01



※このサイトの内容の著作権は、ARATI-WORLDにありますので無断での転用を禁じます。

since 1/Jan/2002

Copyright(c)2002-2016 by ARATI-WORLD All Rights Reserved.