天津祝詞


たかあまはらにかむづまります
高天原に神留坐す

かむろぎかむろみのみこともちて
神魯岐神魯美の詔以て

すめみおやかむいざなぎのおおかみ
皇御祖神伊邪那岐大神

つくしのひむかのたちばなのをどのあわぎはらに
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に

みそぎはらへたまへしときにあれませる
御禊祓へ給へし時に生坐る

はらひどのおおかみたち
祓戸の大神等

もろもろのまがごとつみけがれをはらひたまへきよめたまへとまをすことのよし
諸の枉事罪穢を拂ひ賜へ清め賜へと申す事の由を

あまつかみくにつかみ
天津神國津神

やほよろずのかみたちともにきこしめせとかしこみかしこみもまをす
八百萬の神等共に聞食せと恐み恐みも申す








大祓祝詞


たかあまはらにかむづまります すめむつかむろぎ かむろみのみこともちて
高天原に神留坐す 皇親神漏岐 神漏美命以て

やほよろづのかみたちをかむつどへにつどへたまひ かむはかりにはかりたまひて
八百萬神等を神集へに神集へ賜ひ 神議りに議り賜ひて

あがすめみまのみことは とよあしはらのみずほのくにを 
我皇御孫命は 豊葦原水穂国を 

やすくにとたいらけくしろしめせとことよさしまつりき かくよさしまつりしくぬちに
安国と平らけく知食せと事依奉りき 如此依奉りし国中に
 
あらぶるかみたちをば むとはしにとはしたまひ かむはらひにはらひたまひて
荒振神等をば 神問はしに問賜ひ 神掃ひに神掃賜ひて

こととひしいはねきねたちくさのかきはをもことやめて あめのいはくらはなち
語問ひし磐根樹立草の垣葉をも語止めて 天之磐座放ち

あめのやへぐもをいづのちわきにちわきて あまくだしよさしまつりき
天之八重雲を伊頭の千別きに千別きて 天降し依奉りき

かくよさしまつりしよものくになかと おほやまとひたかみのくにをやすくにとさだめまつりて
如此依奉りし四方の国中と 大倭日高見国を安国を定め奉りて

したついはねにみやばしらふとしきたて たかあまはらにちぎたかしりて
下津磐根に宮柱太敷立て 高天原に千木高知りて 

すめみまのみことのみづのみあらかつかへまつりて あめのみかげひのみかげとかくりまして
皇御孫命の美頭の御舎仕奉りて 天之御蔭日之御蔭と隠坐して

やすくにとたひらけくしろしめさむくぬちに なりいでむあめのますひとらが
安国と平けく知食さむ国中に 成生でむ天之益人等が

あやまちおかしけむくさぐさのつみごとは あまつつみと
過ち犯しけむ雑雑の罪事は 天津罪と 

あはなち みぞうめ ひはなち しきまき くしさし いきはぎ さかはぎ くそへ
畔放 溝埋 樋放 頻蒔 串刺 生剥 逆剥 屎戸

ここだくのつみをあまつつみとのりわけて くにつつみと
許許太久の罪を天津罪と法別けて 国津罪と

いきはだたち しにはだたち しろひと こくみ おのがははをかせるつみ
生膚断 死膚断 白人 胡久美 己が母を犯せる罪

おのがこをかせるつみ ははとことをかせるつみ ことははとをかせるつみ
己が子犯せる罪 母と子と犯せる罪 子と母と犯せる罪 

けものをかせるつみ はふむしのわざはひ たかつかみのわざはひ たかつとりのわざはひ
畜犯せる罪 昆虫の災 高津神の災 高津鳥の災 

けものたふし まじものせるつみ ここだくのつみいでむ かくいでば
畜仆し 蠱物為る罪 許許太久の罪出でむ 如此出でば 

あまつみやごともちて あまつかなぎをもとうちきりすえうちたて
天津宮事以て 天津金木を本打切り末打断ちて 

ちくらのおきくらにおきたらはして あまつすがそをもとかりたちすえかりきりて
千座の置座に置き足らはして 天津菅曾を本刈断ち末刈切りて

やはりにとりさきて あまつのりとのふとのりとごとをのれ 
八針に取辟きて 天津祝詞の太祝詞事を宣れ 


かくのらば あまつかみはあめのいはとをおしひらきて
如此宣らば 天津神は天磐門を押披きて 

あめのやへぐもをいづのちわきにちわきてきこしめさむ
天之八重雲を伊頭の千別きに千別きて聞食さむ

くにつかみはたかやまのすえ ひきやまのすえにのぼりまして たかやまのいほり
国津神は高山の末 短山の末に上坐して 高山の伊穂理

ひきやまのいほりをかきわけてきこしめさむ
短山の伊穂理を撥別けて聞食さむ

かくきこしめしてば すめみまのみことのみかどをはじめて あめのしたよものくにには 
如此聞食してば 皇御孫命の朝廷を始めて 天下四方国には

つみといふつみはあらじとしなどのかぜのあめのやへぐもをふきはなつことのごとく
罪と云う罪は在らじと科戸之風の天之八重雲を吹き放つ事の如く

あしたのみぎりゆふべのみぎりを あさかぜゆふかぜのふきはらふことのごとく おほつべにをるおほぶねを
朝の御霧夕の御霧を 朝風夕風の吹掃ふ事の如く 大津辺に居る大船を 

へときはなちともときはなちて おほうなばらにおしはなつことのごとく   
舳解き放ち艫解き放ちて 大海原に押放つ事の如く 

をちかたのしげきがもとを やきがまのとがまもちてうちはらふことのごとく 
彼方の繁木が本を 焼鎌の敏鎌以て打掃ふ事の如く 

のこるつみはあらじと はらへたまひきよめたまふことを たかやまのすえ ひきやまのすえより 
遺る罪は在らじと祓へ給ひ清め給ふ事を 高山の末 短山の末より 

さくなだりにおちたぎつはやかわのせにますせおりつひめといふかみ
佐久那太理に落たぎつ速川の瀬に坐す瀬織津比唐ニ云ふ神
おほうなばらにもちいでなむ かくもちいでいなば あらしほのしほのやほぢのやしほぢの
大海原に持出でなむ 如此持出往なば 荒塩の塩の八百道の八塩道の

しほのやほあひにますはやあきつひめといふかみ もちかかのみてむ
塩の八百会に坐す速開都比唐ニ云ふ神 持可可呑みてむ 

かくかかのみてば いぶきどにますいぶきどぬしといふかみ ねのくにそこのくににいぶきはなちてむ
如此可可呑みてば 気吹戸に坐す気吹戸主と云ふ神 根国底国に気吹放ちてむ

かくいぶきはなちてば ねのくにそこのくににますはやさすらひめといふかみ
如此気吹放ちてば 根国底国に坐す速佐須良比唐ニ云ふ神

もちさすらひうしなひてむ かくうしなひてば あめのしたよもには
持佐須良比失ひてむ 如此失ひてば 天下四方には 

けふよりはじめてつみといふつみはあらじと はらひたまへきよめたまへとまをすことのよしを
今日より始めて罪と云ふ罪は在あらじと 祓ひ給へ清め給へと申す事の由を

あまつかみくにつかみ やほよろづのかみたちともにきこしめせと かしこみかしこみもまをす 
天津神国津神 八百萬の神等共に聞食せと 恐み恐み申す



言霊ワールド




このサイトの内容の無断での転用を禁じます。


最終更新日:2009/01/01


since 1/Jan/2002

Copyright(c)2002-2016 by ARATI-WORLD All Rights Reserved.