大脳をアルファ(α)波の状態にして潜在意識を活用すると、
ストレスの解消に役立つだけでなく、発想やヒラメキ、
いつも抱えている問題を解決するヒントを与えてくれるような能力を飛躍的に高めたり、
洞察力を高めたり、意志力を強いものにしてくれたりする秘めたるパワーがあります。

特に今まで述べたように、睡眠中や寝入りばなに出現するアルファ波の状態の時には、
このパワーは極めて発揮され易くなり、夢となって現れ回答を出してくれることがあります。
夢が日常の様々な事物を解決する方法を見い出すことを「夢の建設的な力」と、
精神分析学者のユング博士は呼んでいるくらいです。
 
といって、夢を見ることで全てが解決できる訳ではありません。
大切なことは重大な問題に対して「夢にヒントが出ればなあ……」と、
逃げたい行動のように漫然と考えているだけでは何も得られません。

表面の意識的な気持ちも当然ですが、潜在意識の回路にまでスイッチを切り換えて、
この問題を解決したいと、チャレンジする行動のように強く念じて、
無意識下の中にまで働きかけることが重要なのです。
頭の思考力というスイッチを切り換えるには、マイナスな気持ちをプラスに変える必要があります。
緊張しているのなら身体をリラックスすることです。
その他にも色々な方法があり、この中でイメージの持つ力を使うと効果が大きいものです。

特に昼間の多忙な僅かの時間を活用して自在にアルファ波の状態に入れるようにするには、
普段より充実した気持ちの良かった状況とか、心の残っている楽しい情景を想起し、
イメージするトレーニングをしておくといいでしょう。
そうすると、頭の中をアルファ波の状態に切り換えることが容易に出来るようになります。

このように心的なイメージの中での想像体験と現実との体験は、
大脳から無意識の世界へ作用(インプット)する力は、
ほとんど同じレベルで行われることが明らかになっています。
端的に言うと、イメージの活用法は起きている間に

何時でも楽しい夢を意志の力で見れる
ということです。

このように昼間の内にトレーニングを積んで上手に気分転換をしていれば、
当然のこと睡眠中の夢でアルファ波状態に於ける潜在意識の活動を手助けすることになり、
発想力は豊かになるでしょう。

一般に、夢から得られるヒントは往々にして
象徴的や抽象的なイメージのメッセージが多くて、
自分に役立つ情報に気が付かなければなりません。
日中に夢の印象を思い浮かべていると、
夢の中に隠されていたヒントにふと気付き、それを理論的に組み立てると、
日頃に取り組んでいる問題の解決策や発展させる良いアイディアに結び付くものです。

夢は右脳で見ていると考えられ、あまり論理性がなく断片的で象徴的や抽象的なこともあり、
意味はよく解らないことも多いものです。
でも、夢からのメッセージを左脳に移し夢の印象を思い浮かべて、
何かヒントは隠されていないかを考えながら働かせて、理論的な思考により分析と解読して、
理論的に組み立てると、立派な意味ある言葉として成り立つものです。
湯川秀樹博士は、寝入りばなのふとしたヒラメキのアイデァが、
ノーベル賞を受けられた研究の基本になったと言われています。

いい夢を見る眠り自律神経系は交感神経と副交感神経の2種類に分けられます。
交感神経
が活動している時は私たちの身体が活発に動いている時です。
反面、副交感神経は身体を休ませる時に働きます。
つまり、昼間の行動している時に身体は交感神経の支配下に置かれます。
夜に休息をする時には副交感神経が支配していることになります。
 
心身共に正常ならば交感神経と副交感神経のバランスが保たれています
ところがストレスや不安、悩み事などがあると交感神経を興奮させますから、
寝ようとしてもなかなか副交感神経の方が優位にならないで不眠になるわけです。
自分の意志や心の働きを穏やかにして脳からアルファ波を出すようにすると、
副交感神経が優位になりますから、心が落ち着いて全身にくつろぎや安らぎなどが拡がり、
ゆっくりと入眠することができるという実験報告もあります。

今では、睡眠の発生メカニズムも解明されており、
中脳にある覚醒中枢というところには睡眠を引き起こすという物質も見つかっています。
レム睡眠の時に目覚めると気分は爽快になりますが、
ノンレム睡眠で起こされると意識は暫くもうろうとします。
本来、本当の意味で不眠症の方というのはそれ程いないと言われています。
また眠れないからと言っても命に別状があるわけではありません。
しかし、精神的な悩みなどが原因で速やかに眠ることが出来ないままでいることは、
睡眠不足になって昼間に集中力が散漫になり円滑な活動が阻害されたり、
不眠症への恐怖と同時に精神的な健康を害することに繋がりますから、その方が危険が大きいと言われます。
眠りのレム睡眠でいい夢を見るためにも不眠症は治療しておくべきでしょう。




最終更新日:2007/03/20
         



このサイトの内容に関しては、ARATI-WORLDにありますので無断での転用を禁じます。

since 1/Jan/2002

Copyright(c)2002-2016 by ARATI-WORLD All Rights Reserved.