昔から
夢のお告げが、様々な発明や発見、

作曲のヒントやアイデアを得たということは、よく言われている話し
です。

私も、よく夢で様々なことを教えてもらいます。

一般常識では考えられないようなヒント・予知があることも、よくあります。

夢にはある種の先入観とか固定観念を解き放ち、

新しい着想を生むような超自然的なパワーが秘められているのかも知れません。

それだけに睡眠中の夢と潜在意識との間には、何かの関係があるのではないかと思えます。

夢を見た経験はないという人はいないと思います。


フロイト博士
によると夢の中に様々な意味が含まれていて、

潜在意識の内容が夢になって表現されているということです。

夢によって予知とか予言を行う霊能者もいます


夢は見るものだと思われがちですが、聞く、動く夢、味わう夢、触れる夢などいろいろあります。

それだけに眠っている時でも、脳の働きと深く関係があるということがお分かりになると思います。


眠りには、
レム睡眠ノンレム睡眠の2種類あることが知られています。

この眠りのパターンを一晩の内に4〜5回、交互に繰り返すわけです。

レム睡眠というのは、身体は深く眠っていても大脳が起きている時と同じパターンに近いのが特徴です。

よく眠っているのに眼球がクルクルと不規則に速く動いている時がレム睡眠の状態です。

 一方、ノンレム睡眠の時は、大脳の活動もほとんど休息している状態を指します。

つまり脳も眠っている状態にあるわけです。

 大脳生理学の研究によって、夢を覚えているのはレム睡眠の時
だということが分かっています。

といってもノンレム睡眠の時には夢は見ないのかと思われますが、

そう言う訳でもなく見てはいるのですが、ノンレム睡眠の時に見た夢は覚えていない、

というのが正確な言い方なのです。


つまり、ノンレム睡眠の時の夢は大脳の活動が低下していて

休息状態なので記憶に残っていないという訳です。

 今は、夢の研究から心身の病気度をチェックしたり、知能レベルを向上させたり、

創造力さえもうまく駆り立てることが出来るようになってきたのです。




最終更新日:2007/03/20
         



このサイトの内容に関しては、ARATI-WORLDにありますので無断での転用を禁じます。

since 1/Jan/2002

Copyright(c)2002-2016 by ARATI-WORLD All Rights Reserved.