夢には自分の気付かない能力が現れるものです。
今まで積み重ねられてきた研究や経験によって、
夢には、人間の内側にある様々な神秘的な力、
テレパシー、予知能力などが内在している
ことが明らかにされてきました。
しかし、その存在を信じ、それらを最大限に活用している人が少ないようです。
また、それらの存在すら知らず、認めないためにせっかくのチャンスを逃がしたり、
災難に遭って後悔する人の何と多いことでしょう。

一般的な多くの夢は、無意識(潜在意識)の中の想念イメージを表す内容のものであり、
現実生活に直接的に大きく関わるものです。
例えば、現実に悲しい出来事が起こると、頭の中まで悲しみが渦を巻き、夢でも悲しい思いをします。
一日中を何かに没頭していると夢にまで出てきます。
ところが、夢を実生活と照らし合わせて考える人はほんの僅かにしか過ぎません。
中には科学で解明できないから、非現実的だと言って夢をないがしろにしている人も多くいるのです。
 
夢の中には守護霊の介在があり神聖なものも含まれており、
決して忘れないように心掛けることが大切でしょう。
それは、普段の目まぐるしい日々の生活で、自分の意識していなかった事柄に気付かせてくれたり、
未来を予知してくれるので、人間の知識だけでは困難なある問題に対して、
何らかの解答を出してくれたりもするものです。
ですから、夢の持つ意味をしっかりと理解し把握することで実生活のよきアドバィザーとすべきでしょう。

有名なベンゼン環の発見とか、ミシンの発明などは霊夢によるところがあります。
つまり、夢は潜在能力の一端として意識の変更状態に入っていると考えられ、
意識の中に
眠っていた超能力や超常現象が出たということになるのではないでしょうか。

一方、日常では、それほど人前で上手に話せない人が、
何故か夢では流暢に話しているということが往々あります。
それは、その人の中にそういった能力が既に存在しているからなのです。
人間の脳には数えきれない程のひだがあり、脳細胞がぎっしり詰まっていて、
このひだが知覚とは切り離すことのできないものだということは、すでにご存じのことでしょう。
しかし、これを全て使い尽くす人などは存在しないのです。
それと同じく私たちは自分に内在している能力を全て知り、使い果たすことなどとても不可能に近いと云えます。
ところが、夢は前記のように自分の気付かなかった能力を表すこともあり得るのです。
 自分が夢で体験したことなのに現実では身内とか、友人が同じ体験をするということもあります。
これはそれだけ物事に敏感であるのです。

夢には各々タイプがあり意味づけも大切です。
例えば、何かに熱中している場合とか、強い印象を受けた場合とか、純粋な心を持つ子供の夢、
酒や薬によって睡眠した場合、室内の気温などの状態によって左右される場合、
季節に左右される場合、人格(想念、思考)の霊的なレベルによって左右される場合、
寝る前に食べた物や色によって左右される場合などがあります。



最終更新日:2007/03/20
         



このサイトの内容に関しては、ARATI-WORLDにありますので無断での転用を禁じます。

since 1/Jan/2002

Copyright(c)2002-2016 by ARATI-WORLD All Rights Reserved.