人間には、「チャクラ」というものがあります。

「チャクラ」とは、エネルギーの回転する渦であり、

微細なエネルギー体系の一部です。

サンスクリット語で、「輪」「円」という意味があります。

微細なエネルギーの調整器であるチャクラは古来から蓮の花で描かれ、

7つそれぞれのが虹の色に対応し、別々の波長で共鳴しています。

人間のエネルギー体系には多くのチャクラがあり、

新しいものが発見されています。


ここでは、主要な7つのチャクラについてご説明していきます。


7つの主要なチャクラは、

肉体のさまざまな体系と超自然体に結びついています。

思考や心は肉体の上にあり、影響しているのです。

各チャクラは心と体と魂に関わっており、

バランスを崩している箇所を教えてくれるのです。

開発し活性化することにより、結果として、

身体である肉体のリズム感を整え・能力を向上させ、心である精神を高め、

人間関係を円滑にし、環境を良好にする、などの効果があらわれてくるのです。

もちろん、それにより、心身ともに活性化し、

人生を素晴らしい方向へ進展させることが可能となります。


  

                           

第一チャクラ
位置 基底、肛門と性器の間
サンスクリット語と意味 ムーラダーラ
根、支えるもの
主題 生存、生命力、肉体的欲求
内分泌腺 副腎
体の部位 骨・骨格
元素と
支配する惑星

土星
感覚 嗅覚
肉体の機能障害 骨関節症
情緒の機能障害 無気力、ぼんやりする、内面の沈黙が得られない
活性化による
効果
生命エネルギーがみなぎり、生命力・パワーが湧き上がり、キラキラと個性が輝き、自己信頼が高まり、行動力およびリーダーシップをとる意欲まで溢れ、パワフルで生き生きとしてくる。
恋愛にしても仕事にしても良好となり、直観力も豊かになり、対人関係も円滑になる。
躁鬱症にも効果大である。
司る超能力

・空中浮揚の前段階
・過去、現在、未来の出来事を、その原因も含めて知り尽くす
・望むことがすべて実現する
・高位の神霊を見ることができる


                            

第ニチャクラ
位置 仙骨、下腹部、おへそと性器の間
サンスクリット語と意味 スヴァティシュターナ
甘さ
オレンジ
主題 情緒のバランス
内分泌腺 卵巣、精巣
体の部位 性器、膀胱、前立腺、子宮
元素と
支配する惑星

冥王星
感覚 味覚
肉体の機能障害 男性の不能、女性の不感症、膀胱と前立腺のトラブル、腰痛
情緒の機能障害 不安定な性欲、情緒不安定、孤独感、無気力
活性化による
効果
肌も美しく輝き、感情表現豊かになり、生命からくる温かさを醸し出し、個性美を発揮し、よい意味で異性に興味が湧くようになり、良きパートナーにめぐり会える機会まで生じてくる。
もちろん、対人的に異性との縁は活性化し、円滑に進展していくようになる。
そして性的にも活性化する。
司る超能力 ・不老長寿
・低次元の霊視、霊聴を得る
・幽体離脱をすることが可能。


                            

第三チャクラ
位置 太陽神経叢、胸骨の下部とおへその間
サンスクリット語と意味 マニプーラ
光る宝石
主題 個人の力、意志
内分泌腺 すい臓
体の部位 消化器系、筋肉
元素と
支配する惑星

火星と太陽
感覚 視覚
肉体の機能障害 胃潰瘍、消化不良、慢性疲労、アレルギー、糖尿病など胃・肝臓・胆のう・すい臓・脾臓・神経系に影響
情緒の機能障害 批判に対して過敏になる、管理される必要がある、自尊心が低い
神経質で、感情にむらがあり、理屈っぽく、愚痴っぽく、怒りっぽい
周囲の出来事や他人に無関心、無感動
活性化による
効果
感情が豊かになり、他人の感情を読み取るESP能力が開発され、ヒーリングで人を癒すことも可能となる。他者に対する無条件の深い愛と調和を感ずることができ、全存在に対する感謝、人類愛、全てに対する赦しができ、受容性・感受性が高まり、しかも理由なき感謝まで可能となる。
そして自分が自分であることをはっきりと認めることができるようになる。
司る超能力 ・この世において欲するものが手に入る
・他人の体内に入り込むことができる
・過去の解脱者の姿を見ることができる
・念力を獲得できるようになる。
・別の次元の空間へ別の身体によって移動し、そこでいろいろな経験を行なうことができるようになる。


                            
   

第四チャクラ
位置 心臓、胸中央
サンスクリット語と意味 アナーハダ
衝突のない
緑、ピンク
主題 愛、人間関係
内分泌腺 胸腺
体の部位 胸と心臓、肺、循環器、迷走神経
元素と
支配する惑星
空気
金星
感覚 触覚
肉体の機能障害 呼吸が浅い、高血圧、心臓病、癌
情緒の機能障害 裏切り行為への恐怖心、共依存、うつ病、人間不信、孤立感、孤独感
活性化による
効果
他者に対する無条件の深い愛と調和を感ずることができ、全存在に対する感謝、人類愛、全てに対する赦しができ、受容性・感受性が高まり、しかも理由なき感謝まで可能となる。
そして自分が自分であることをはっきりと認めることができるようになる。
司る超能力 ・他心通(他人の心の中を読むことができる)
・相手の心を動かすことができる
・空中浮揚
・空中歩行
・透視、遠聴


                            

第五チャクラ
位置 喉、首の付け根中央
サンスクリット語と意味 ヴィシュッダ
浄化
主題 コミュニケーション、自己表現
内分泌腺 甲状腺、副甲状腺
体の部位 口、喉、耳
元素と
支配する惑星
エーテル
水星
感覚 音/聴覚
肉体の機能障害 喉の痛み、首の痛み、甲状腺のトラブル、耳鳴り、喘息、気管支、肺
情緒の機能障害 完全主義、感情表現ができない、創造力を妨げられる、物事をすぐ人のせいにする、無気力、めどごくさい、引きこもり
活性化による
効果
やりがいのある人生を送っているという充足感を味わうことができる。
そして、浄化のエネルギーを受け、自分のカルマが浄化されていくかのごとく感ずることができる。
人にアピールする能力と、やりたいことをやる積極性が出てくる。
そして、会話もうまくなり、自分の語ることが全て相手の意にかなうこととなり、営業など交渉事に優れた能力を発揮するようになる。
また、歌もうまくなり、聴覚・味覚も敏感になるので、音楽関係・調理関係にも才能をあらわす。
活性化が究極までいくと、美と調和の神秘的で恍惚体験をする可能性がある。
司る超能力 ・不老不死
・全身が快感状態になる
・動植物と会話ができる
・天の声を聞くことができる
・宇宙の法則を理解できる
・瞑想中にわたしたちの身体や環境を構成しているカルマのコントロールができるようになり、自在に自分自身の状態を変化させることができるようになる


                            
 

第六チャクラ
位置 第三の目、眉間の上
サンスクリット語と意味 アージュニヤー
知覚する、知る
主題 霊感、知恵
内分泌腺 下垂体
体の部位 頭蓋骨の下部
元素と
支配する惑星
光、テレパシー
エネルギー
海王星、木星
感覚 第六感
肉体の機能障害 頭痛、弱視、神経障害、緑内障、小脳・脳幹・耳・鼻
情緒の機能障害 悪夢、学習の困難、幻覚
活性化による
効果
第三の目と呼ばれ、情報収集に優れ、情報収集のアンテナとして先見性・集中力を司る。
また、スピリチュアルな存在を視覚できることもあり、直観力・透視能力も開発され、オーラーも見えてくることがある。
司る超能力 ・自分の内側にいる守護神と外側にいる守護神を見ることができる
・微細物質(原子など)を見ることができる
・今までに付いた超能力がさらに磨かれていく
・「第三の目」が開発される
・いかなる光の空間へも移動できるようになる


                            

第七チャクラ
位置 宝冠、頭上
サンスクリット語と意味 サラスラーラ
千倍
紫、金、白
主題 霊性
内分泌腺 松果体
体の部位 頭蓋骨上部、大脳皮質、皮膚
元素と
支配する惑星
思考、宇宙エネルギー
天王星
感覚 自己を超越する
肉体の機能障害 汚染物質への過敏症、慢性疲労、てんかん、アルツハイマー病
情緒の機能障害 憂うつ、強迫観念、混乱、目に見えない世界を信じない、感謝の念がない
活性化による
効果
宇宙意識とか宇宙愛を体験するためには、ここが開かれていることが必要で、そうすれば高次の意識の情報が入手できるようになる。
悟りを求めるには、このチャクラを完全に開かせる必要があるが、そのために残りの六つのチャクラ全部を先に完全に開く必要がある。

自分から自然に祈ったり、感謝する気持ちが湧いてくる、統合された自己と自由意志がはっきり自覚でき、人生の目的も理解できてくる。
また、自己が虚空に溶け込むような究極のエクスタシーを体現できる可能性も生じてくる。
司る超能力

・身体を極めて小さく(大きく)させる
・身体を軽く(重く)させる
・どこへでも好きなところへ行ける
・どんな望みでも実現できる
・どんなものでもつくり出せる
・万物を意のままに動かす
・その他にも、テレパシーや予言能力等の様々な超能力を身に付けることができる
・この肉体から離脱し、解脱することができるようになる


※「チャクラヒーリング」 産調出版 参照
  「シヴァ・サンヒター」 ヨーガ経典
 参照





このサイトの内容に関しては、ARATI-WORLDにありますので無断での転用を禁じます。

since 1/Jan/2002

Copyright(c)2002-2016 by ARATI-WORLD All Rights Reserved.